最終処分場浸出水、処理困難の理由:目次

最終処分場浸出水、処理困難の理由:目次

 

 

最近最終処分場(ごみ埋立地)浸出水の処理が非常に困難になってきています。以下に、ごみ浸出水処理を取り巻く諸問題を何回かに分けて、具体的に述べてみたいと思います。

懸命の努力にもかかわらず、処理不良または不安定に悩んでおられる現場は少なくないと思いますが、具体的に何が問題で、処理が難しくなっているのかがわからなければ対策も試行錯誤を繰り返すことになります。理由がわかれば自ずと対策も立てやすくなるでしょう。

 

 

最終処分場浸出水、処理困難の理由(1):埋立物の変化

 

最終処分場浸出水、処理困難の理由(2):貧栄養の問題

 

最終処分場浸出水、処理困難の理由(3):塩類濃度の問題

 

最終処分場浸出水、処理困難の理由(4):難分解性CODの問題 

 

最終処分場浸出水、処理困難の理由(5):硝化阻害の問題

 

最終処分場浸出水、処理困難の理由(6):固定床式生物処理の問題

 

最終処分場浸出水、処理困難の理由(7):膜処理法の問題 

  

  最終処分場浸出水、処理困難の理由(8):活性炭処理法の問題 

 

  最終処分場浸出水、処理困難の理由(9):pHの問題 

 

 

 処理困難の理由がわかっても、なお解決は簡単ではないかもしれません。
最終処分場浸出水処理でお困りの時は「
排水処理のお困りごと承ります」もクリックしてみてください。


お問い合わせ先

  エムズ環境技研株式会社
  〒254-0033 神奈川県平塚市老松町1-10-705
  TEL0463-21-0461
  FAX0463-21-6306
  E-mailinfo@ems-kkgk.com

 

メニュー

お問い合わせ


平塚事務所
 〒254-0033
 神奈川県平塚市老松町
          1-10-705
 TEL:0463-21-0461
 FAX:0463-21-6306

東京事務所
 〒141-0031
 東京都品川区西五反田
          7-22-17
   (株、タイムトゥディ気付)
 TEL:03-6420-0076

メールでのお問い合わせ
info@ems-kkgk.com
>