最終処分場浸出水、処理困難の理由(8):活性炭処理法の問題

 

最終処分場浸出水、処理困難の理由(8):活性炭処理法の問題

 

 

放流水のCOD規制値が厳しい時には生物処理の後に活性炭吸着塔が配置されるのが通常である。確かにこの排水くらい活性炭と親和性がある排水は珍しいと思う。生物処理で分解できないCOD成分を良く吸着してくれる。したがって活性炭の寿命も十分長く、それにかかる費用もリーズナブルな範囲である。

 

ところがである。前段の生物処理が不調であると、その分も活性炭への負荷になるので活性炭の寿命は極端に短くなる。それでもCODが取りきれるなら活性炭に頼るのも一つの考え方になるが、凝集沈殿+活性炭で除去できるCOD4060%どまりである。それでは到底厳しい放流規制値を守ることはできない。

 

まず生物処理で十分CODを分解除去しておかないと活性炭処理装置を十分機能させることはできない。結局活性炭処理のためにも生物処理を良好に維持管理することが重要なポイントになるのである。

 

つづく

 

 

処理困難の理由(9

処理困難の理由:目次

 

 

 お問い合わせ先
  エムズ環境技研株式会社
  〒254-0033 神奈川県平塚市老松町1-10-705
  TEL0463-21-0461
  FAX0463-21-6306
  E-mailinfo@ems-kkgk.com

メニュー

お問い合わせ


平塚事務所
 〒254-0033
 神奈川県平塚市老松町
          1-10-705
 TEL:0463-21-0461
 FAX:0463-21-6306

東京事務所
 〒141-0031
 東京都品川区西五反田
          7-22-17
   (株、タイムトゥディ気付)
 TEL:03-6420-0076

メールでのお問い合わせ
info@ems-kkgk.com
>