最終処分場浸出水、処理困難の理由(6):固定床式生物処理の問題

 

最終処分場浸出水、処理困難の理由(6):固定床式生物処理の問題

 

 

固定床式生物処理の問題

 

最終処分場(ごみ埋立地) 浸出水の処理が埋立物の変化(可燃性ごみ→不燃系ごみ→焼却残渣)につれて処理が困難になってきたことは、ここまでで述べきたとおりであるが、その他にも浸出水処理設備の特徴が難しさを助長している面があるので、それらの点について引続き解説する。

 

最終処分場(ごみ埋立地)浸出水の生物処理には固定床方式のものが多く見受けられる。(回転円板方式や、接触酸化方式等)

これはもともとBODが高くないという理由と、運転の容易性から選択されたものと思われる。設計された段階では正しかった方式選択かもしれないが、原水が焼却残渣中心になるにつれ、この固定床方式の生物処理は対応が難しくなってきている。それは生物量の絶対不足に起因していると思われる。

 

固定床式生物処理では方式にもよるが汚泥濃度は浮遊ベースでみると10002000mg/l程度のものである。易分解基質(有機物)であれば十分であるが、難分解性の有機物が対象となると生物汚泥が絶対量的に不足する。

 

多くの現場で「これは生物では処理できない排水」と決めつけて、「凝集沈殿」+「活性炭処理」だけが実施されている。

結果としてはCOD除去率3040%、T-N除去率0%というような現場が非常に多くなっている。

 

これは方式を見直さない限り、如何に運転管理しても生物処理の結果を出すことはできず、したがってプラントとしても全く機能しない結果となる。

 

ただその原因を踏まえれば、小改造で浮遊汚泥方式に変更することは可能で、そのことで甦えっているプラントの例もある。

 

 

つづく

 

 

処理困難の理由(7)

 処理困難の理由:目次

 

 

 

お問い合わせ先

  エムズ環境技研株式会社
  〒254-0033 神奈川県平塚市老松町1-10-705
  TEL0463-21-0461
  FAX0463-21-6306
  E-mailinfo@ems-kkgk.com

 

メニュー

お問い合わせ


平塚事務所
 〒254-0033
 神奈川県平塚市老松町
          1-10-705
 TEL:0463-21-0461
 FAX:0463-21-6306

東京事務所
 〒141-0031
 東京都品川区西五反田
          7-22-17
   (株、タイムトゥディ気付)
 TEL:03-6420-0076

メールでのお問い合わせ
info@ems-kkgk.com
>