水処理用活性微生物 プロバイオ-B

 

  有用土壌菌(バチルス菌、他)を環境浄化に役立てる

 

 

有用土壌菌の自然浄化

 

バチルス菌、納豆菌、枯草菌、乳酸菌等、我々の生活に身近の土壌菌群が良質の堆肥を
生み出すことはよく知られていますが、これらの菌群は排水処理にも抜群の力を発揮
ます。これら有用土壌菌の持つ浄化能力を独自の研究、
開発によりさらに高めました。

様々な有機排水処理、コンポスト化,、生ごみ処理機、土壌改良などにぜひお役立て下さい。      

  

   バチルスコロニー.jpg

                                   バチルス菌のコロニー

 

 

プロバイオ-Bの特徴

 

・好気性処理ならばどの処理方法にも対応できます。

・分解能力が高く、高BOD排水から低BOD排水の放流水質向上が可能です。

・高濃度バチルス菌が中心で、タンパク質・脂質・炭水化物などの分解   能力が高いため、
 汚泥発生量の低減など排水処理経費の削減が可能になります。

・発生した余剰汚泥は、堆肥として使用することも可能になります。

・臭気の分解能力を持っているため悪臭の発生が抑えられます。

・コンポスト化の時、発酵温度をさらに高めることが可能です。

 

 

プロバイオ-Bの種類

 

PB-B(WL):水処理用液体······· ポリタンク20ℓ入り

PB-B(WS):水処理用粉末······· 1箱(10kg×2袋)、または1袋(10kg入り)

PB-B(CS):生ごみ処理用粉末·· 1箱(10kg×2袋)、または1袋(10kg入り)

 

 

使用量

 

PB-B(WL):バチルス菌が胞子の状態で1012/mℓ以上含まれています

           処理槽のバチルス菌濃度をが106/mℓ以上になるように投入量を調整

           してください。

PB-B(WS):水処理のシーディングに使用する場合、槽の容量1mに対し1kgが目安です。

                          定期的に投入する場合は、排水流入量100に対して2kg~5kg程度ですが、

                          状況に応じて加減して下さい。

PB-B(CS): コンポスト化に使用する場合、1tに対して1kg目安ですが、もどしをすることで

                          10tに対して1kg程度が目安になります。

 

 

メニュー

お問い合わせ


平塚事務所
 〒254-0033
 神奈川県平塚市老松町
          1-10-705
 TEL:0463-21-0461
 FAX:0463-21-6306

東京事務所
 〒141-0031
 東京都品川区西五反田
          7-22-17
   (株、タイムトゥディ気付)
 TEL:03-6420-0076

メールでのお問い合わせ
info@ems-kkgk.com
>