フッ素除去剤 ― ネオフィット

1.今までのフッ素処理の技術と対応

  フッ素及びその化合物の排水処理は、一般的に一段および二段凝集処理方法が広く普
及しています。しかし、その処理数値は10~100mg/ℓ(ppm)程度までしかできていないのが
現状です。したがって排水基準値を満たすためには、新たな処理施設を造るか効率の良い
処理剤等の導入に頼るしかありません。
  新基準の8mg/ℓ(ppm)以下の濃度まで処理する方法は種々考えられますが、多額の設
備投資や維持費用が発生してしまうということで選択肢に迷います。さらに環境基準値は
0.8mg/ℓ(ppm)
とより低く、高度の処理技術が要求されています。

2.ネオフィット処理

  中低濃度のフッ化物イオンを除去するためには、捕集力が高く再溶出を防ぎ溶解度の低
いフッ素化合物にすることが必要となります。このたび完成した「ネオフィット」は、チタン化
合物を主原料としたフッ素捕集剤で、フッ化物イオンの排水基準値である8mg/ℓ(ppm)
もちろん、環境基準値である0.8mg/ℓ(ppm)以下まで処理することができます。フッ素処理
に関するお悩み事がありましたら、ぜひご相談ください。
   

    neofit01.jpg      neofit02.jpg       


 ネオフィットによるフッ素イオン捕集実験

   neofit03.jpg


メニュー

お問い合わせ


平塚事務所
 〒254-0033
 神奈川県平塚市老松町
          1-10-705
 TEL:0463-21-0461
 FAX:0463-21-6306

東京事務所
 〒141-0031
 東京都品川区西五反田
          7-22-17
   (株、タイムトゥディ気付)
 TEL:03-6420-0076

メールでのお問い合わせ
info@ems-kkgk.com
>